PAGE TOP

WORKS

ARCHIVE

2018.11.09

熊本市 S様邸

今回は熊本市にお住まいのS様邸にお邪魔をさせて頂きました。
白を基調とされたシンプルな空間に、重厚感のあるソファやガラステーブルを置かれ、都会的な雰囲気が感じられます。

ソファは最高級のオーセンティシティシリーズBⅡをセレクトされました。

フレームは北米産のブラックウォールナットを使用しています。
更に節の有無、木目の美しさなどでFASグレードという最高級ランクの木材を使用しています。

木目が均等に綺麗に表れているのが分かります。
更にアームは斜めにカットされて接合された留め加工。細かいディテールにも気を配っています。

木を折り曲げたようなバックラインは、1mmの狂いもなく均等に施されています。
一度見ると忘れられないインパクトがありますね。

一見、重厚な印象のソファですが、すっきりとしたシャープな一面も垣間見れるデザインも魅力のひとつです。

ハンガリー産のスモールフェザーと、高品質の高密度ウレタンフォームを使用したクッションは、自然と身体に馴染んでくれます。
サイドに付属しているフェザークッションを背にあててアームにもたれたり、枕にしたりと自由な姿勢で寛げます。

ソファの隣にはAgio(アジーオ)ソファを置かれています。
こちらはハイバックタイプで、深く座ると背クッションが身体をしっかり受け止め、快適な座り心地が味わえます。

フレームはウォールナットの成型合板で、独特のしなりがあります。しなりによって生まれる弾性が、心地よい座り心地をもたらします。
成型合板ならではの曲線美もポイントで、耐久性も十分にあります。

ウォールナットの上に、10mm厚のガラス天板を乗せたリビングテーブル。
天板が透けて床が見えているので、空間を遮ることなく、すっきりした印象ですね。

モダンな印象と木材の温かさを併せ持ったガラステーブルは、どんなインテリアとも相性◎です。

フロアスタンドは、シェードが竹製のTAKEKAGO。こちらは村澤一晃氏によるデザインです。

竹は軽くて耐久性が強い為、万が一落としても割れにくく、手触りも楽しめる優しい素材です。
シェードの角度調整ができるので、自分の手で場のあかりを演出できる穏やかな照明です。

ご主人様ご自慢の造り付けデスクは、折り畳み式になっています。
スペースをしっかり確保できますし、来客時にはテーブルとしてお使い頂ける優れモノです。

椅子はAGILEサイドチェアを置かれています。柔らかな曲線デザインで、とても軽く、耐久性にも優れています。
座面は使い込むほどに風合いが増すWOODタイプ。滑らかな曲線に仕上げられた座は、快適な掛け心地です。

キッチン、ダイニング、リビングと、常に寄り添われている仲睦まじいご夫婦。ご夫婦からこぼれる素敵な笑顔が、とても印象的でした。
都会的で洗練された空間と共に、シックで落ち着いたインテリアが調和した、居心地の良いお宅でした。

S様、この度はお忙しい中撮影にご協力頂きまして誠にありがとうございました。
お時間がございましたら、またぜひとも遊びにいらして下さい。スタッフ一同お待ちしております。